エルメスすべて革製品はフランスでみ生産されており

ホーム / バックニュース / エルメスすべて革製品はフランスでみ生産されており

エルメスのバッグ一見先進的な気分にさせてくれます。では、この「高級感」はどこから来るのでしょうか。

そルーツにさかのぼると、エルメスすべて革製品はフランスでみ生産されており、家族の伝統的な職人技を厳密に受け継いでいます。こブランドには、20製造ワークショップと4,000人以上職人がいます。

これら4,000人以上職人が世界中顧客ためにバッグを作る必要があり、生産量不足が想像できます。外国メディアのドキュメンタリー報道によると、製造ワークショップの月間生産量は約15パッケージです。

1837年の創業以来、エルメスは常に創業者家族手に渡っています。 「継承」は常にブランド精神です。

製造ワークショップには、80人トレーナーと200人以上のインストラクターがいます。すべての職人は、基本的な専門知識と実践を含む約18か月の専門的なトレーニングを受ける必要があります。

エルメスバッグ最高品質の革選別から鞄になるまで、基本的に十数以上手順が口頭で教えられ、厳格な指導システムが採用されており、多く詳細は秘密にされています。

エプソムレザーとトーゴレザーはカット方法が異なり、バーキンとケリーハンドバッグの組み立て方法も異なります…それぞれ素材とバッグには異なる専門職人技が必要です。

ケリーの手順はより複雑であるため、職人は通常、ケリーのハンドバッグ作り方を学ぶことから始めます。ケリーを学んだ後、あなたは他のバッグを作りそしてよく理解するために関連する職人技を使うことができます。

ブランドエルメスバッグに何層にもわたって選ばれ、十分な精度でしかそ品質を発揮できない革。職人の目から逃れることのできる欠陥はありません。したがって、彼らは詳細な分析を行い、最も完璧な部品を最大限に活用します。

ケリーハンドバッグ製造を例にとると、36枚の革を縫い、接着し、組み立てるに15〜20時間かかります。

「中とじ」はエルメスのコツです。 2本針を使用し、糸両端を針で結んで安定性の高い構造にしています。糸はフランスのテキスタイルリネン糸でできており、蜜蝋コーティングで包まれており、耐久性が長持ちします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください